煌くウェディングドレス

ウェディングドレスに関する情報が満載!

TOP PAGEレンタル髪型後ろ着付けお問合せ

ウェディングドレスが、まさか安くて可愛くて自分のものに!

結婚式って、何かとお金がかかり見積もりとは全然違うことが多いと思います。
少しでも価格を抑えたいが、一生に一回だけだし、おもてなしの料理などは削れない、と思いのあなたに提案があります。
結婚式の主役でもあるウェディングドレスって、提携している衣装屋さんで借りる方法が主でありますが、もし式場が持ち込みがOKだったり、持ち込み料が安いのであれば、ウェディングドレスをインターネット等で購入する方法があります。
インターネットは不安であると思いがちですが、とても可愛いデザインが多く、試着で取りよせるサイトもあるため、安心です。
借りるのではなく購入するため、披露宴中に汚しても気になることもなく、式場から後でクリーニング代等を請求されることはありません。
また、二次会にそのまま着て行くことができるため、二次会の衣装のコストもかかりません。
結果的にとてもお得に結婚式が挙げることができます。
式場で借りてしまうと、最低10〜20万ですが、可愛いデザインであると30〜40万が相場となり、それ以上の価格がするドレスが多くあります。
結婚式だと数十万が安く思えるかもしれませんが、後々考えた時に、今そのお金があればと思う人も少なくありません。
式場で気にいったウェディングドレスがあれば別ですが、インターネットでも数多くのデザインがあるので、検索してみるのも一つの良い方法です。

ウェディングドレスはなぜ白い?

真っ白のドレスに真っ白のベール、花嫁は純白のウェディングドレスを身にまとうものであり、それに憧れる女性は多いものです。
ところで、なぜ「花嫁の衣装と言えば白」なのでしょうか?ウェディングドレスの起源はローマ帝国時代と言われています。
ヨーロッパでキリスト教が普及すると、結婚式は教会で行うものとなりました。
そこでは、処女性が重要視されるようになり、純潔を表す白が使われるようになり、ドレスやベール、靴、ブローグに至るまで白で統一されるようになったそうです。
また、婚礼の儀の衣装は、権力や財力を表すものでもありました。
一度しか着ることのない、しかも手入れのしにくい白いドレスはまさのその象徴だったそうです。
また、白い色は「死装束」とも言われ、死を表すもの、生まれ変わりを意味することから、婚家に嫁ぎ新しい人生を歩み始めるという意味もあったのかもしれません。
神前式や人前式の結婚式が多かった日本でも、西洋文化への憧れや、和装での婚礼衣装よりも着用しやすく、また比較的安価であることなどから、1980年代頃には普及し、和装を圧倒するまでになったようです。
ウェディングドレスを着る機会には、そのようなことも考えてみてはいかがでしょうか。

おすすめWEBサイト 5選

大学受験のための少人数・全寮制予備校です。

医学部 予備校

豊富な着物のラインナップやコーディネート、品質には定評がございます。

訪問着

高額での買い取りが可能です。

ブルガリディアゴノ高価買取

クロムハーツカスタム - CROWNCROWN ブランド時計カスタム加工専門店

クロムハーツ カスタム

倉敷市児島で美容室をお探しなら、ぜひお立ち寄りください。

児島 美容室

Last update:2016/11/8


→TOP

Copyright(C) 煌くウェディングドレス All rights reserved.